京の温所 Kyo no Ondokoro

京都にある 私のもうひとつの日常

BLOG CATEGORY

July2022

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

環境保全への取り組みについて

「地球環境を守ることは企業の責務である」という企業姿勢をもとに、「京の温所」では事業におけるさまざまな工程で環境に配慮した取り組みを積極的に行っています。
2022年4月1日より施行される「プラスチック資源循環促進法」に基づき、プラスチック使用製品廃棄物の排出を抑制するなど、これからも環境負荷の少ないサービス提供に努めていきます。
ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

1)使い捨てアメニティの削減
プラスチック製品の使い捨てをなるべく減らし、必要最低限のアメニティを厳選してセレクトしています。くしやカミソリは設置していません。

「プラスチック資源循環促進法」の特定プラスチック使用製品である歯ブラシについて、従来はプラスチック製のものをご提供していましたが、2022年4月度より順次、竹製へと切り替えを行います。竹は伐採しても成長が早いので、サステナブルな素材として注目されています。また、自然素材なので廃棄する際の環境負荷がプラスチックより少なくてすみます。宿には皆さまの分のご用意がありますが、"マイ歯ブラシ"のご持参も推奨しています。

20220331ha.jpg

キッチンのカトラリーや食器は、プラスチック製ではなく、ご家庭と同じように洗って繰り返し使えるものをご用意しております。

20220331kato.jpg

洗面には、「京の温所」オリジナルの手ぬぐいとしても使えるボディタオルをご用意。お持ち帰りのうえ、ご自宅に帰ってからも引き続きお使いいただけます。
また、スリッパはアメニティとしてご用意していますが、木本来のぬくもりや素材をお楽しみいただくためお家のようにぜひ靴下でお過ごしになることをおすすめしています。使い捨てスリッパの使用の削減にも繋がります。

20220331tenu.jpg

シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュは、1人用ずつ個包装されているものではなくボトル式のものをご用意しています。

食器用洗剤・ハンドウォッシュ・洗濯用洗剤については、植物&ミネラル由来の成分を使用し、地球環境に配慮した製品づくりを行う「エコストア」に2022年度から順次切り替えを行っています。詰め替え式のものを使用することで破棄されるプラスチックボトルの削減に努めます。

20220331eco.jpg

ペットボトルでご提供していたミネラルウォーターを廃止し、全棟に浄水器「クリンスイ」を設置。飲料水としてお飲みいただけます。ご持参のマイボトルに入れていただければ持ち歩くことも可能です。

また、フロントでお渡ししているウェルカムウォーターもペットボトルのものから、環境対応の国産紙パックウォーター「HAVARY'S JAPAN NATURAL WATER(ハバリーズ ジャパン ナチュラルウォーター)」に切り替えました。九州 佐賀のミネラル豊富な天然水で輪郭のハッキリした味わいが特徴。パッケージはリサイクル可能で、森林保全に配慮した紙素材を原料としています。宿で捨てる場合には、折りたたんでいただくとゴミの量を圧縮することができます。

20220331hava.jpg

2)ご連泊時の清掃不要リクエストの承り(CO2排出削減)
通常はご滞在中には2泊もしくは3泊毎に清掃が入りますが、ご予約時に不要とのリクエストをいただけましたら清掃には入りません。(※最大6泊まで)ベッドリネンの洗濯や清掃時に使用する水資源の削減、電力や清掃スタッフの移動に伴うCO2排出が削減できます。宿にはドラム式洗濯機や掃除機もございますので、お客様ご自身で、ご家庭と同じように洗濯乾燥や掃除をしていただくことも可能です。

20220331sen.jpg

3)資源を活かすリノベーション
柱や梁、昔ながらの格子や窓ガラスなど、建材やオブジェとしてまだまだ活用できるものはそのまま残してリノベーション。これからも大切な資源として後世へ残していきます。

20220331ri.jpg