京の温所 Kyo no Ondokoro

京都にある 私のもうひとつの日常

BLOG CATEGORY

〈京の温所 釜座二条〉 ぐっすり眠れる寝室をご紹介

2018年8月1日にオープンする「京の温所 釜座二条」。
築150年(推定)の歴史ある京町家が、建築家 中村好文とミナペルホネンの皆川明の手によって、現代生活に寄り添った、光あふれる「住まい」として生まれ変わりました。

◆◆ 「京の温所 釜座二条 ♯2」施設ページ ◆◆

◆◆ ご予約はこちらから ◆◆

今回は、ぐっすり眠れる二階の寝室をご紹介いたします。
「京の温所 釜座二条」には4名様までご宿泊いただけます。
ドラマチックならせん階段を上がっていくと...

Kamanza_10.JPG

2階には2つの寝室があります。
2ベッドのベッドルームと、布団を敷いておやすみいただく和室です。

〈メインベッドルーム〉
パッと目に入るのは窓。樹齢100年以上のラカンマキの木が、まるで絵画のようです。
ベッドにごろんと寝転ぶと、天井には立派な梁。150年にわたって、この京町家の屋根を支え続けてきた月日の長さを感じます。

Kamanza_26.jpg

ベッドルームのヘッドボードは「ミナペルホネン」の「タンバリン」DOP生地。
眠りに落ちるまでのひととき、読書を楽しむためのライトもあります。

37003639_1808481815913532_441103831472799744_n.jpg

ベッドルームの横にはグルーミングスペース。
メイクアップをしたり、書き物ができる机とイスがあります。
長期滞在のお客様にはクローゼットとしても使っていただけます。

Kamanza_28.JPG

〈和室〉
もうひとつの寝室は和室。3名~4名様がご宿泊の際は、こちらに布団をご用意いたします。
表に向かうほど低くなっていく斜めの天井が、京町家ならでは。秘密の屋根裏部屋のような雰囲気が、不思議と落ち着きます。
天井が低いので、アタマを打たないようにご注意くださいね。

Kamanza_29.jpg

〈寝具にもこだわりました〉
眠っている間もくつろぎと安らぎを感じていただけるように、寝具にもこだわりました。
ベッドはソフトで快適な寝心地の「シモンズ」のマットレス。からだをバランスよく支えてくれる敷布団と、軽くてふんわりとやさしく包み込んでくれる羽毛布団は「京都西川」のものをご用意しています。

Kamanza_27.JPG

「京の温所 釜座二条」があるのは二条城にほど近く、アクセスが良い街中でありながら、静かに過ごせる釜座二条。特に夜は、街中とは思えないほどの静けさです。
静かな環境と、くつろぎと安らぎの寝室でぐっすりとおやすみいただけます。

◆◆ 「京の温所 釜座二条」のご予約はこちらから ◆◆